テスト前の勉強会に入りました。 第40回

2019/02/13 21:15 に 中沢貴之 が投稿   [ 2019/02/13 22:49 に更新しました ]
進級に関わる大事な試験ということで、来週の学年末考査の前に生徒たちは放課後2時間弱ですが勉強会をしています。
2年生は3年生へ、1年生は2年生へと上がるための大事な試験です。

今日は、実践してきたことと考えを交えて書きたいと思います。
昨年から3年生が引退した後、反省を活かして新チームの構成に力を入れてまいりました。
レフトのエースを中心に、センター、ライト攻撃となるべくネットの9メートルを活かせるようにオープンバレーでやってきました。
しかし、セッターを初めての1年生に任せることでなるべく負担がないように、レフトを自分のポジションで打てるようにローテーションの見直しをしました。戦術を考えようということで選手権まではバックオーダーでやってみました。
バックオーダーは、とても合理的だと思います。
ただ、慣れもあるのでフロントオーダーがチーム事情に合っているのならそれも良いのかと思います。
こういう戦術に関して、私も影響を受けた先生がいます。
石岡一高で女子の顧問をされている先生ですが、このように以前お話をしてくださいました。

「せっかくやるなら俺も勝ちたい。感情論ではなく理論で説明ができるように生徒たちに伝えたい。それを伝え続けて勝てないのは指導者の責任だ。弱いチームが勝つからこそ大きな価値がある。」

私より何歳も上の先生ですが、この熱量は半端ではありません。
とても勉強になります。いつもご助言をいただき、ありがとうございます。
石岡一高さんもよく練習試合をしていただきますが、大会でお会いするたび先生にお話に魅了されます。
自分に矢印を向けるということって大事だと思います。反省をして、次に活かすこと。
子どもも大人も変わらない大事なことですね。

さらに、昨年教えていただいたメニューも1つご紹介します。

この練習を先生に教えていただいて実践をしました。
3年生がいた時には、「疲れるのに楽しい。」「上手になりそう!」「なんで早く教えてくれなかったんですか。」という声があったくらい忙しい体力的にも厳しいメニューでしたが生徒達には大好評でした。

またチームのメンバーを増やして、たくさん活動をしたいと考えています。
本校へ入学した際には、女子バレー部をよろしくお願いいたします。
Comments