平成30年度IH予選県南地区大会 第4回

2018/06/08 3:15 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/06/11 1:58 に更新しました ]
先ほど,全日程が滞りなく終わりました。

学校に戻って書いています。

茨城県高体連バレーボール専門部にアップされる結果は後日アップします。

さて、昨日女子バレーにとっては新チームになって1年の集大成ということで土浦第一高校と対決しました。

1セット目は25-21で取られました。

2セット目は25-22でこれも取られてしまいました。

接戦でしたが,セット数2-0で負けてしまいました。

内容は全然悪くなく,特に2セット目は20点を先行し,いい流れの中でつくば国際のバレーを展開していましたが,最後はタイムアウトを使っても悪い流れを断ち切ることはできませんでした。

キャプテンのブロックポイントが得点に繋がったのが強い印象として残りました。

レフトも強力なパワーみなぎるスパイクで得点を重ね,そこに負けずと2年生のレフトがコースに打ち分けて得点を追加していきました。センターの1年生もゆるいボールや強打など上手にセッターに繋いでくれたので,ムードも良く,3年生のリベロもコースをしっかりカバーして驚くほどラリーが続きました。

セッターが今までにないくらい調子がよく,高すぎず低すぎずでしっかり伸びていました。

監督としての立場では,結果に満足はしていません。 県大会に出場したいので!

しかし,生徒のチームワークには120点をあげたいくらいの出来でした。チームで決めたことをみんで徹底できたことが本当に良かったです。

他校の先生方や保護者の方々にもみんなそれぞれの想いはあると思うのですが,「すごくいい試合だった」,「今日の国際に試合であたってたら嫌だったなぁ」,「こんなに粘るチームに成長していたなんて驚きました」,「3年生のエースがいると安心感があるね,2年生のエースも上手になっているね」など1年前では想像もできないくらいのお褒めの言葉をいただきました。

最後に,ここまでチームを見守ってくださった多くの先生方,送迎をしてくださった保護者の皆様,時間を割いて練習を見に来てくださった関係者の方々に感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました。




ą
中沢貴之,
2018/06/10 22:47
Comments