女ばれぶろぐ

女子バレーボール部のブログです。
日々の活動について,週1回程度更新します。
是非ご覧ください。

8月4日,5日に練習試合がありました。 第9回

2018/08/06 22:48 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/08/08 0:44 に更新しました ]

新チームが指導しておよそ二ヶ月が経とうとしていますが,土曜日には中央高校さんが来校し,練習試合を行いました。

写真はシートレシーブをしている様子です。
生徒たちは,自ら考え,練習試合前に何が必要かを考えて練習メニューを行います。
引退した先輩たちの背中を見て,指示を仰がなくても自分たちで行動できることは本当に素晴らしいことだと感心します。



わざわざ遠いところから来ていただいている学校の方たちに失礼のないように十分なアップをして試合に臨みます。

土曜日は午前中で終わりましたが,本校は,2勝3敗でお互い僅差でのセットが多かったです。
とても勉強になった土曜日でした。

日曜日には,鉾田一高へ行きました。
水戸から水戸啓明高校が来ていて,3チームで練習試合を行いました。
私が以前,鉾田に住んでいたということもあり,公私ともに良くしていただいた先生の胸を借りるつもりで参加させていただきました。
 まず,県大会への実績が近年ない状況の本校が県大会常連の学校からお誘いをいただくことが稀なことだということを考えながら6人と一緒に精一杯限界に挑戦しました。

写真は保護者の方が撮ってくださった写真に許可をいただいて掲載しておりますが,少し不安な表情もうかがえる整列時の写真です。

県大会出場チームということでこちらは全力を出すのみなのですが、、、。

総体が6月下旬で新チームになったのが遅かったはずなのに,チームの構成が早く,攻撃もレフト,ライトのオープン攻撃に加えてクイックなどもすでに使ってくる完成度の高いチームでした。




こちらの写真も,攻撃を決めてからのハイタッチでの写真でしょうか。
とても雰囲気が出ているので,許可を得て掲載させていただいております。

結果は全敗でしたが,私は満足でした。
「ここからスタートにすればいい」と鉾田一高の先生からありがたいお言葉をいただきました。
鉾田第一高校も水戸啓明高校も身長が170cm近い選手が大勢いるチームに,私たちのチームが勝つのには繋ぐチームになること,そして自分たちでミスを出して終わらせないチームになることが最低条件だと思っています。


私もプレー歴はそこそこありますが,指導歴はそれほどでもないのである先生から教えて頂いたことを必ず生徒に伝えているのですが練習中必ずサーブを練習するようにしています。

それは,その先生がおっしゃるには「サーブはバレーボールで唯一自分の意思や考えが反映させられるプレーなのだ」というものです。

私は,まさにその通りだなと思いました。
それからは,サーブに力を入れるようにしています。
サーブにおいては背が高い低いがあまり関係ないので練習したらその分だけ,上手に打てるようになると思っています。
土曜日も日曜日もサービスエースはかなりありました。メンタルの影響が大きいスポーツなので常に前に進むつもりで行動を取らないといけないと思います。

しかし,その前に忘れてはいけないのはたくさんの練習試合を認めてくださる学校とその数だけ遠征に帯同してくださる保護者の皆様の協力の上に成り立っていること
それを生徒と共に常に感謝しながら,バレーボールをやっていきたいと思います。

両日とも大きな怪我もなく終えることができて良かったです。

2018大洗ビーチバレーが行われました。 第8回

2018/07/29 22:14 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/08/08 0:46 に更新しました ]

台風12号の影響を受けて,7月28日,29日と予定されていた大洗のビーチバレーは29日に全行程を詰め込むということで実施されました。
役員で来られた水戸地区,県東地区,県南地区の先生は,5時に集合だったようです。
私も早く来られるなら来てほしいということでしたが,生徒引率ということで7時集合で他の先生方にお任せしてしまいました。
(開会式の様子)
さて,台風で欠場したチームも多い今回の大洗ビーチバレーでしたが,つくば国際大高Bチームが第6コート第2試合で対戦相手は東洋大牛久の生徒でした。
結果は,15-12でかなりいい試合をしましたが勝利はできませんでした。



見えにくいと思いますが,台風の為欠場が多く我々も影響を受けました。
当初,試合をする高校生チームが欠場するようになって我々の対戦相手も大人の方と試合をするようになりました。


生徒達も試合順が変わって動揺していました。


  
つくば国際大高Cチームも第5コート4試合,東洋大牛久の生徒と試合になり15-7で負けてしまいました。















期待のつくば国際大高Aチームは,台風で欠場したペアがいたためシードの成人女性の方たちと試合をするようになりました。
結果は,15-9で負けました。













なかなか厳しい状況でしたが,練習した成果が出ました。
無理をしないけれど,それだけでは勝てない。時には思いっきりミスを怖がらずに打ちに行く勇気も大切だと思いました。

最後は男女で写真を撮って帰ってきました。
















また6人制バレーで力を発揮したいと思います。
たくさんの保護者の方の応援ありがとうございました。

ビーチバレー合宿 7月21日・22日@阿字ヶ浦 第7回

2018/07/22 21:48 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/07/24 18:10 に更新しました ]

昨日までビーチバレーの合宿を行いました。
*内容が長いですが,最後までお付き合いください。

https://sites.google.com/a/tihtutiura.jp/home/gakkou-shoukai/bu-katsudou/undou-bu/bareboru-bu--joshi/blog/_draft_post-2/ビーチオープニング.png



























つくば国際大高Aチームとして出場する沼尻・長永ペアです。
インドアのバレーボールでは抜群の安定感でチームを引っ張る技巧派エースの2人ですが今回は慣れない砂の上で挑戦します。
ご覧の通り2人の仲はとても良いので,協力して上位に進んでくれることを期待しています。


つくば国際大高Bチームとして出場する井之川・長山ペアです。
身長はそれほど高くありませんが,ストイックで知性溢れる性格の井之川は,トレーニングでも妥協せずしっかりと先を見据えて行動ができる選手です。インドアバレーでは相手が取りにくいところを狙ってサーブを打つ精度の高さが持ち味なので,ビーチでも風向きによるバッドサイドを上手に乗り切ってほしいと思います。
一方,パートナーの長山は拾っても上げても文句なしのレシーブに他校の先生方からも高い評価があります。インドアバレーでは,チーム事情でセッターとしてスタートしましたが上達が日を追うごとに増している選手です。
パスの相手としても,相性がよく安定したレシーブで攻撃に繋がることを私は期待しています。


つくば国際大高Cチームとして出場する井坂・森ペアです。
チームで唯一の長身センターである井坂は,心穏やかで誰に対しても優しく接することができる選手です。長身から繰り出されるスパイクは強い回転が掛かっていて勢いがあります。もう一つの大きな特徴は手首が柔らかくオーバーハンドが安定していることです。しかし,残念ながらビーチバレーでオーバーハンドを使うことは反則を取られがちなのでなるべくアンダーを使うように指示して合宿を行いました。
一方,レシーブと練習に真面目な性格が特徴の森は合宿中に周りの選手からも慣れない砂の上でレシーブが上手だと言われるくらい評価が高い子です。足場の悪い砂の上でも考えながら,なるべくパートナーを動かさないよう工夫しながら練習していたことが印象に残っています。レシーブの安定が期待できる選手なので,ミスを出さないように気を配れば大きな結果が出るのではと期待しています。

ビーチフラッグをやってみました。
上手に写真は撮れませんでしたが,砂の上を駆け回ってフラッグを競い合いました。
足場が悪く,思うように力が入りませんがしっかりと一歩ずつ生徒は前に進んで旗を取る様子はインドアでは味わえないアクティビティだと思います。
こういう経験も含め,肉体面だけでなく精神面も鍛えていければと思います。

昼食は海の家のカレーでした。
夏・海・お昼ご飯と言えば,カレーですね。
夏バテで食べられない子もいましたが,ほとんど完食していました。
作ってくれた人の気持ちを,合宿から学びましょう。

ビーチバレーコートを背に写真を撮りました。
2年生は前,1年生は後ろです。
上下で見ると,ペアになっています。
1週間後の大会を目標に,土浦からはるばる来たので中途半端で終わることはできません。



夜はバーベキューでした。
焼きそばを手際よく作る長山です。
バーベキューで作る焼きそばって美味しいですよね。

私も1人暮らしをしていた時に,実家で家事の手伝いをしていたおかげで大学時代ほとんど困ることがなかった記憶があります。

みんなで役割分担をして,1つのことをやり遂げることってバレーボールにも同じことが言えますね。

森も焼きそばソースを持って,仕上げに取り掛かってくれました。

普段はなかなか味わうことのできない合宿を通しての経験です。

ミーティングをしてまでここに来ると決めました。

私もインドアの時間を割いてもビーチバレーをやるかどうか生徒に問いました。

結果は,ご覧の通りでした。

夜の花火の様子です。

高校生が集まって花火をする機会ってないですよね。

特別な体験だと思います。

みんな今年最初の花火を楽しんでいました。

最後はみんなで線香花火を手に持ち,だれが最後まで続くか対決をして楽しい時間は過ぎました。

翌日,6時から海岸のゴミ拾いをしました。

お世話になった海岸に感謝の気持ちをもって,ゴミ袋いっぱい海岸を掃除することができました。










朝の海岸を散歩するのは気持ちがいいですね。

海をバックに集合写真を撮りました。

この日は午前中まで練習した後,海に入って解散しました。

新チーム始動しました。 第6回

2018/07/15 16:57 に 中沢貴之 が投稿

7月14日(土)に龍ヶ崎南高校に遠征に行ってきました。

昨年から県南地区でお世話になって細かい地区のルールや審判についてのアドバイスなどお世話になっています。

顧問の佐々木先生,西部先生は熱心に生徒に教えていました。

残念ながら,龍ヶ崎南高校は人数が揃わなくて男女混合で今回は練習試合をやって頂きました。

チーム練習には流れを見るのにちょうど良かったと思いました。

また少しずつ練習試合に取り組んでいきたいと思います。

平成30年度県南地区夏季大会の詳細が決まりました。 第5回

2018/07/02 2:25 に 中沢貴之 が投稿

本日,県南地区顧問会議がありました。

夏季大会の詳細が決まりましたので,是非ご覧ください。

特に進路で悩んでいる中学生の皆さんは,部活動も1つの大切な要素になる方もいると思います。

審判講習会がメインの大会ではありますが,一度に県南地区の女子バレーがある高校の様子を見る良い機会になります。

つくば国際大高は,土浦湖北高校会場になりました。

新チーム6人で力いっぱい頑張りますので,応援よろしくお願いします。

平成30年度IH予選県南地区大会 第4回

2018/06/08 3:15 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/06/11 1:58 に更新しました ]

先ほど,全日程が滞りなく終わりました。

学校に戻って書いています。

茨城県高体連バレーボール専門部にアップされる結果は後日アップします。

さて、昨日女子バレーにとっては新チームになって1年の集大成ということで土浦第一高校と対決しました。

1セット目は25-21で取られました。

2セット目は25-22でこれも取られてしまいました。

接戦でしたが,セット数2-0で負けてしまいました。

内容は全然悪くなく,特に2セット目は20点を先行し,いい流れの中でつくば国際のバレーを展開していましたが,最後はタイムアウトを使っても悪い流れを断ち切ることはできませんでした。

キャプテンのブロックポイントが得点に繋がったのが強い印象として残りました。

レフトも強力なパワーみなぎるスパイクで得点を重ね,そこに負けずと2年生のレフトがコースに打ち分けて得点を追加していきました。センターの1年生もゆるいボールや強打など上手にセッターに繋いでくれたので,ムードも良く,3年生のリベロもコースをしっかりカバーして驚くほどラリーが続きました。

セッターが今までにないくらい調子がよく,高すぎず低すぎずでしっかり伸びていました。

監督としての立場では,結果に満足はしていません。 県大会に出場したいので!

しかし,生徒のチームワークには120点をあげたいくらいの出来でした。チームで決めたことをみんで徹底できたことが本当に良かったです。

他校の先生方や保護者の方々にもみんなそれぞれの想いはあると思うのですが,「すごくいい試合だった」,「今日の国際に試合であたってたら嫌だったなぁ」,「こんなに粘るチームに成長していたなんて驚きました」,「3年生のエースがいると安心感があるね,2年生のエースも上手になっているね」など1年前では想像もできないくらいのお褒めの言葉をいただきました。

最後に,ここまでチームを見守ってくださった多くの先生方,送迎をしてくださった保護者の皆様,時間を割いて練習を見に来てくださった関係者の方々に感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました。




いよいよIH予選です! 第3回

2018/06/06 4:32 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/06/06 4:32 に更新しました ]

明日は,いよいよIH予選です。

思い起こせば17年前の2001年に自分自身が高校3年生の時のIH予選を思い出しました。

前日はいろいろな想いを巡らせて,「明日,勝てるかな」とか「最高にテンションを上げて挑もうか・・・」とか「負けたら引退なんだよなぁ」とか考えていたことを思い出しました。

結果は,3位で終わりました。実質2年3か月間の高校バレーの人生でしたが,大きな視野が持て,人を大切にすることを学んだ時間でした。

生徒たちはどんな気持ちで明日を迎えるのでしょうか。

それぞれの想いがあると思いますが,チームスポーツなので責任を自分で負える選手になっていてもらいたいと思います。

バレーボールって,背が低くても,強く打てなくてもいくらでも可能性があります。

コートにボールが落ちなければ負けないんですよね。

ブロックが高くても,リバウンドしたボールを拾って返すことができれば得点にならないから面白いのだと思います。

返したボールが何かのはずみで落ちてしまうこともあるので奥が深いんですよね。

バレーボールの魅力というのはそういうところなのだと思います。

明日も頑張ります。

練習試合を行いました。第2回

2018/06/03 18:21 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/06/03 22:05 に更新しました ]

6月に入って最初の土日でした。

土曜日は,県西地区の水海道第二高校さんと同じ県南地区の中央高校さんが来てくれました。
どのチームもよくまとまっていてそれほど多くのセットは取れませんでしたが,僅差のセットが多くとても勉強になりました。

日曜日は,県西地区のつくば秀英高校さんと水戸地区の水戸葵陵高校さんが来てくれました。
本校がホームにも関わらず,なかなか点数には繋がらないことが多く負け越してしまいました。しかし,それよりもIH予選の為に練習をしているブロックを完成させること,後ろのレシーブの関係と細かい部分での課題を解決することに力を注いでいるので私は生徒に点数ではないことを強調しながら自分たちの課題に向き合うように話をしました。

練習試合後に生徒と私と保護者の方々と大会前の顔合わせもできました。
急なお願いにも関わらず,貴重なお時間を割いてくださいました。ありがとうございました。

IH予選まで,あと3日です。土浦第一高校さんとの試合です。
私がつくば国際大学高校へ来る前から活動していた生徒たちが大会でどこまで力が出せるのかとても楽しみです。


練習試合を行いました。第1回

2018/05/17 22:53 に 酒井大樹 が投稿   [ 2018/05/20 19:27 に 中沢貴之 さんが更新しました ]

初めまして,昨年度から女子バレー部の顧問を務めさせていただいております。顧問の中沢です。
今後,女子バレー部の活動を中心に発信していきますので応援よろしくお願いいたします。

さて,先日の中間考査後に土浦一高さんと練習試合を行いました。
4セットほど試合をさせていただき、負け越してしまいましたが生徒は一生懸命プレーしていました。
インターハイ予選まであまり時間がないので早くまとまりたいところです。また,キャプテン,副キャプテンと3年生の自覚が形として見えたセットもあって顧問としてはとても嬉しい時間を過ごすことができました。

1-9 of 9