女ばれぶろぐ

女子バレーボール部のブログです。
日々の活動について,週1回程度更新します。
是非ご覧ください。

アクセスカウンター

12月8日,9日の活動報告です。 第30回

2018/12/09 17:40 に 中沢貴之 が投稿

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。
タイトルの通りご報告させていただきます。
12月8日(土)
本校に中央高校さんが来られて練習試合を7セットほどさせていただきました。
選手権後からずっと練習をしてきた試したいことを中心に練習試合を行ったのですが、安定せずセットを落としてしまいました。
しかし、生徒たちは一生懸命取り組んでいました。
12月9日(日)
常総学院高校さんへ伺いました。
合同練習に参加し、生徒はついていくのもやっとでしたが途中離脱することもなくしっかりと最後までついていけました。
体力的な面で昨年よりも力が付いたと生徒達自身がよく感じているのではないかと思います。
常総の先生方もその部分に関しては驚いていました。
本校の生徒が自分に負けそうな時、常総の選手たちは本校の生徒へ声をかけ続けてくれました。
ありがとうございました。

また、3年生の進学先の教授もわざわざ私が行くことを聞きつけてご挨拶に来てくださいました。
生徒たちはその先生にアドバイスを聞いて、さらに「やる気、素直さ、人数は6人だけどまとまりがあってよいチームに成長しているね」と褒められていました。
ここまで、学校の先生方、他の高校の先生方、つくば国際大学のトレーナー研究会の皆様、そしていつも近くて見守ってくださる保護者の方々を含めた多くの先生が常に生徒を良い方向へ育ててくださることで私の一方通行の指導にならない状況があるのだと感謝しております。

たくさん外に出れば、それだけ多くの出会いがあり、みんなが本校生徒の成長を見守ってくださることを実感するたびに私もしっかりとやらなきゃいけないなと思います。
敵や味方、勝ち負けの枠を超えた関係が人間を成長させるものだと思うのでコートの外でも認められる生徒を増やせるように頑張りたいと思います。

毎週水曜日のトレーナーの方が新しいメニューを教えてくださいました。 第29回

2018/12/05 22:10 に 中沢貴之 が投稿

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。
昨日もつくば国際大学の鈴木教授と学生さんが2名来られました。
最近、校務が忙しくて平日の練習に遅れていくことが多くなってしまい生徒に迷惑をかけていると思っています。
さて、タイトルの通りですが鈴木教授は新しいトレーニングのメニューを2種目考えてきてくださいました。
アップに2種類入れると効果が上がると言われてやっている様子を写真で撮りました。
つくば国際大学のトレーナー研究会の方たちは、本当に一生懸命やってくださいます。
中長期的な目線で筋力アップを目指し、大会で結果が出せるようにやっていきたいと思います。

これからも頑張ります!!


期末考査が終わり、通常の練習が再開しました。 第28回

2018/12/02 21:14 に 中沢貴之 が投稿

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。
今日も簡単に活動報告させていただきます。

12月1日(土)
最後の入試説明会でした。
男女バレー部、男女バスケ部、男女バドミントン部、男女ソフトテニス部、柔道部、サッカー部などみんなで準備から片付けまで協力することができたのでスムーズに終えることができました。
本当にありがとうございました。

午後は、テスト明け最初の練習でした。
大会で出来なかったことを中心に練習して終わることができました。
また、保護者の方も参加してくださってアドバイスやボール出し、ボール拾いなど協力していただきました。

12月2日(日)
この日はバレーに詳しく、さらに本校を応援してくれている方が参加してくださいました。
前の代でもよくお世話になったのですが、練習に来る機会が合わず11月の私学大会に見に来てくれていました。
水戸女子戦で苦戦していたことを客観的に見て、ご自前のタブレットで戦術やポジションの考え方などをアドバイスいただき、前日に生徒たちに話をしていたことと同じ部分が多かったのですぐに守りの練習に取り掛かりました。
生徒達も納得しながら、守りに関してしっかりとそれぞれが考えて向き合っている様子でした。
いつも大きな声で、どこのチームよりもアリーナいっぱいに響き渡る保護者の方々の声援に守られながら私たちは戦っているのでそろそろ結果を出したいと思います。

今週末は、予定通りなら8日は中央高校さんが来校してくれそうです。
9日は、午前中、常総学院高校さんへ予定通りなら伺ってお世話になるつもりです。
万全の状態で臨みたいと思います。

県南選手権が行われました。 第27回

2018/11/24 21:36 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/11/26 19:49 に更新しました ]

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。
土浦第一高校で11月24日、25日と県南選手権が行われました。
今大会は新人戦のシード校を決める大会でした
本校の相手は取手第一高校でした。
夏季大会と同じ組み合わせになりましたが、今回も取手一高は強かったです。
セットカウント2-0で負けてしまいました。
牛久、土浦第二、湖北、取手第一、東洋大牛久、牛久栄進、藤代紫水、土浦第三は2日目も熱い戦いを繰り広げていました。
2日目も2試合(東洋大牛久対牛久栄進戦・土浦湖北対取手第一戦)審判としてセカンドで吹かせていただきました。


12月の中旬に新人戦の地区大会が行われますが、その時はまた違った状態で試合に向き合えればと思いました。


結果はなかなか厳しい状況でしたが、今年のチームは面白くなりそうです。
個人的にはかなり期待しています。
約束事をしっかり決めて、新人戦までの残り3週間を大事に過ごしていこうと思います。
大きな怪我もなく終えることができました。
応援ありがとうございました。

東洋大牛久高校と練習試合を行いました。 第26回

2018/11/18 20:38 に 中沢貴之 が投稿

こんにちは、女バレ顧問です。
大会に配慮し,写真は載せずに先週末の活動報告をさせていただきます。

16日に本校の体育祭が行われました。
生徒達も盛り上がって,お昼には部活動対抗リレーに参加しました。
ユニフォームで走る生徒たちの姿を一般の生徒はなかなか見られないので印象に残ったのではないかと思います。
たくさんの部活動生の力を借りて体育祭の準備を行い,みんなの思い出に残る体育祭になりました。

さて,17日土曜日はタイトルのとおりですが,午後に東洋大牛久高校へ初の遠征をしました。
もともと,県西地区の伊奈高校との練習試合に私たちが入れて頂いた格好でしたが生徒たちはずっと東洋大牛久高校と練習試合がやってみたかったようで練習試合を楽しみにしていました。
結果は,力の差を痛感する内容でしたが,目標を決めて試合に臨めました。
しかし,今度はムードが悪くなってしまい新たな課題を見つけることができました。
最後に,東洋大牛久の顧問の先生からも「ポジティブに!」というアドバイスをいただき,生徒達も最後の集合の時にはとても良い表情をしていました。

18日は所用で私が不在ということもあり,大会の1週間前になるので調整段階に入らなくてはと考えていたとこでしたが,生徒たちは身体が痛いと言いながらも,「翌日も時間いっぱいまで練習します。」「ウェイトトレーニングもしたいです。」と話してくれました。

本日,副顧問の先生からも練習の最後にトレーニングをやっていたというお話が聞けました。

環境に甘えることなく目指している方向に進んでくれることをこれからも期待して,私も生徒たちの為にできることを考えて行動していきたいと思います。

11月11日(日)霞ヶ浦文化体育館でVリーグのお手伝いをしてきました。 第25回

2018/11/11 17:25 に 中沢貴之 が投稿

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。
活動報告をさせていただきます。

10日(土)は入試説明会の1回目が行われました。
たくさんの中学生と保護者の方が来校されました。
来年の春にまたお会いできることに期待して、バレー部員も片付けを中心に土曜日は軽めに練習を終えました。

さて、タイトルのとおりですが昨日、Vリーグ男子のお手伝いということで今回は男女で呼ばれました。
例年は、男子がお手伝いに呼ばれていたようなのですが今年は男女で呼ばれました。
準備を含めた3日目の昨日は、残念ながら負けてしまいましたが、地元のクラブチームのサンガイアの試合も見ることができました。

生徒たちは主に、クイックモッパーと点字の係が割り当てられました。
私もブロックでポイントになった選手の番号を本部席に伝えるお仕事を任されました。
高校の先生もクラブチーム関係の方も知り合いが多すぎて、いろいろな方がこの大会運営を任されていることを実感しました。

つくば国際の生徒たちも自分たちで進んで積極的に最後の片付けをしてくれたので、多くの方からたくさんお褒めの言葉をいただきました。

確かに、周囲の先生方が言われていた時間よりも30分くらいは早く終わったように思いました。

個人的には、もっともっとバレーボールの人気が上がってこの時期に多くの方が全国から茨城に来てくれたらにぎやかになるのだろうなと思いました。

11月3日(土)県私学大会が本校で行われました。 第24回

2018/11/04 15:41 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/11/04 18:02 に更新しました ]



当日、準備の様子の写真です。
前日から男子バレー部さんや女子バスケット部さんの協力を得て、会場準備ができました。




大成女子高、明秀日立高、水城高、水戸女子高、鹿島学園高、東洋大牛久高、常盤大高、茗溪学園高、つくば国際大高の9校集まりました。


春高予選の結果を受けるので、大成女子と明秀日立、水城、水戸女子はシードでした。
私たちはフリー抽選で水戸女子との試合になりました。
1セット 25-8 2セット25-6で負けました。
この大会はキャプテンがくじを引いて組み合わせを決めるので、ある意味では強いチームを引くと普段の公式試合では考えられない試合をすることになります。
そういう意味で、本校生徒も保護者の方も強い学校と経験ができて喜んでいました。

結果は、優勝水戸女子、準優勝大成女子でした。
主審を吹かせてもらいましたが、なかなか大変な試合でした。
難しい判断もあったり、なかったり。。。
まぁ、県の決勝を吹いてるのとほぼ変わりがありませんからね(笑)
フルセットは想像していましたが、お互い拮抗していて本当にシーソーゲームでした。

翌日も1時間お世話になった体育館をしっかりと掃除をしてから練習に入りました。
遠征するのとは違う、開催校の大変さも同時に味わいました。

土浦第三中学校と交流がもてました。 第23回

2018/10/29 2:26 に 中沢貴之 が投稿

こんにちは、いつも見ていただきありがとうございます。

今週も活動報告をさせていただきます。
事前に春高予選のお手伝いのお話も頂きましたが、県ベスト8以上の試合でお役に立てるような力はまだないので今回はご遠慮させていただきました。

10月27日(土)は8時から土浦第三中学校女子バレー部さんと練習試合を行いました。
8セットやりましたが、こちらもフルメンバーで出来ず3年生の力を借りてチームを組みました。
土浦第三中学校は人数も多く、2年生が主体のチームでしたがサーブも上手で、攻撃も9mのネットの幅を利用したレフトとライトがしっかりしている雰囲気の良いチームでした。
コートの外での立ち振る舞いもしっかりしていて、顧問の先生のご指導の賜物だと感じました。

高校生も自分たちで工夫しながら、中学生との試合を上手に組み立てていました。
私の指導方針は基本的に、アドバイスをしながら修正を加え、生徒の意見が反映されるような方針を取っているのでベースにある自主性に基づいて練習も試合も行っています。
また、生徒が考えのもとでやっている行為に対しては否定は絶対にしません。
段階的に次のステップに進めるような場合には、積極的にアドバイスをしてチーム強化を図りますが、生徒に向かない場合には無理を強いることはありません。
イメージを伝えても生徒達自身が納得のいかない場合もあるので、よく話し合いをしながら練習を進めています。
今回、嬉しかったことに、生徒たちはサーブをミスした選手はセット後に腕立て伏せを始めたことです。
キャプテンの意見だと思うのですが、とても素晴らしいことだと思います。
自主性が育ってくれれば、社会に出た時にも活躍してくれる人間になってくれると信じています。

11月3日(土)には、本校で女子バレーの県私学大会があります。
昨年は、くじ引きで水戸大成女子高さんと1回戦目であたりました。
生徒たちはいい思い出になったと話していましたが、今年はどこの学校と試合ができるのか楽しみです。

下稲吉中学校と交流がもてました。 第22回

2018/10/21 19:41 に 中沢貴之 が投稿

こんにちは、女バレ顧問です。
(今回は、様々なところに配慮して写真を載せずに書かせていただきます。)

10月19日金曜日に、生徒たちは16時から1時間程度、菜の花プロジェクトに参加して種まきを行いました。

翌日の20日は、タイトル通り今年初の下稲吉中学校との交流がもてました。

本校は体調不良などで4名のみが練習に参加したのですが、中学3年生と一緒にチームを組ませていただき練習試合ができました。

下稲吉中学校の顧問の先生とは、高校時代の同級生で生徒に対しても熱く向き合える先生です。
大学卒業時によく話をしてました。
「自分たちのチームを持てたら練習試合をやろう、県大会を目指そう!」
などと話をしていたのを思い出しますが、いざ実現すると不思議な感じです。

余談ですが、少し彼のお話をさせていただくと、高1の時はリベロでしたが、高2からキャプテンでセッターを始め、高3になってすぐの関東予選ではメンバーにも恵まれて茨城で優勝することができました。
そういう意味でも、チームを引っ張ってくれて彼には感謝しています。

午後からは、常総学院高校が来てくれました。私の恩師もいて夢が叶ったような思いでした。
恩師は、茨城のバレー史上初の男女で優勝し全国大会に行ったことのある監督です。

生徒たちはずっと強いチームと練習試合がしたいと言ってたので、その部分では県ベスト8の常総学院の生徒たちが一緒にゲームをしてくれたことで生徒もモチベーションが上がりました。
常総学院の選手たちも来週に春高予選を控え、気合十分でした。

選手を2人ほどお借りしてポジション固定のゲーム形式で攻撃を強化する実戦練習になりました。

昨日の21日は、ミーティングをして体育館の掃除(ギャラリー・ステージ・玄関を中心)を行い生徒の体調を考えながら軽めの練習で午前中の練習を終えました。

練習を通して生徒を見ていますが、生徒が成長している様子がすごく分かります。
勉強も部活もボランティアもすべて含めてよい結果が出せるように頑張りたいと思います。

2年生が修学旅行へ行きました。 第21回

2018/10/13 18:11 に 中沢貴之 が投稿   [ 2018/10/14 17:53 に更新しました ]

こんにちは、女バレ顧問です。
6時30分集合の早い時間の中で、先輩をお見送りするために後輩たちは雨の降る中、該当学年以外の先生方と一緒に笑顔で迎えました。
2年生もニコニコ笑顔で後輩と少しの間の別れを告げ、旅立ちました。
出発前にバレー部の2年生と話ができたので私も嬉しかったです。


さて、今年の修学旅行は沖縄へ3泊4日の旅です。
生徒たちは沖縄に関しての事前指導を受けたようで、3学年の私もバレー部の生徒達からいろいろ話を聞きました。
昨年は、私が2学年で長崎・福岡の修学旅行の時期はとても忙しかったことを覚えています。
修学旅行は、高校3年間の大きなイベントの1つなので思う存分、先生も生徒も楽しんでもらいたいと思っています。

残された1年生は私と一緒に軽めにストレッチやパスを行って、チューブトレーニングを多目的ホールで足首、腕の強化をして9時に終わりました。



バスケット部もバドミントン部も2~3名程度の人数ながらしっかりと練習されているので、私たちもできる範囲で練習しました。


来年からは、久しぶりに海外の修学旅行に戻るそうで、1年生の先生方は「国際教育」に時間をかけて台湾修学旅行へ準備を進めています。

つくば国際における教育活動の一環としては、とても意味があるものだと私は認識しています。

英語科の私としても海外を見て、触れて、学ぶことは青春多感な時期に大きな影響を与えるものではないかと考えます。

2年生も沖縄で戦争と平和、文化など多くのことを経験して、無事に帰ってきてくれたらと思います。

修学旅行が終われば、県私学大会が11月にあるので体調も含めて調整を行っていきます。

1-10 of 30