学校生活‎ > ‎

1年家政科 生活産業基礎の体験実習実施(9月15日)

2011/09/19 16:51 に m takano が投稿   [ 2011/09/19 23:48 に更新しました ]
  9月15日(金)、1年家政科がキャリア教育の一環として、生活産業基礎の体験実習として霞月楼本店(土浦市)を訪問しました。ここでは、日本料理における[おもてなし]や[和の心]などの説明を受け、改めて日本文化の素晴らしさを体験することができました。
 今回、日本料理を体験した訳ですが、この体験実習はつくば国際大学及び短期大学、一般企業、料理専門学校等においても実施され、生徒にとっては貴重な経験を積み重ねることになります。
 
 生徒の皆さん、
    ここでの体験を今後の生活で役立たせて下さい。
 
 
 
 
 
→「戦争」に触れる一幕も・・・
 霞月楼本店には、戦時中の品も大切に保管されており、右記の写真は【屏風】の説明を受けている様子です。この屏風は、第二次世界大戦中、10代の若者たちが特攻隊として配属され、霞ヶ浦から出撃前にここ霞月楼で送別の宴が行われ、その時に兵士がその心情を書いたものです。
「神州不滅」や「征空萬星飛」などの言葉が書き記されており、生徒たちは真剣に説明に耳を傾けていました。
 ~説明を受けている様子~